群馬サッカーNEWS Gマガ

【Gマガ】ザスパ奥野僚右監督コメント  「愛媛戦、躍動する姿をみせて、タフに戦っていくだけ」

Gマガ】ザスパ奥野僚右監督コメント

  「愛媛戦、躍動する姿をみせて、タフに戦っていくだけ」

 

 

 

開幕5試合を終えて1勝1分3敗のザスパ。開幕2戦を1勝1分としたがその後は3連敗。前節北九州戦では、中山雄登の好ブロックが疑惑の”ハンド判定”となり、PKになった上に一発退場となった。あきらかな誤審のため、中山のレッドカードが取り消されるものと思われたが、Jリーグの処分は「相手選手のヘディングシュートを左腕で止め、決定的得点機会を阻止した行為は『著しい反則行為』に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする」というものだった。奥野僚右監督によると、Jリーグからはフェアプレー推奨のお達しがきた、という。指揮官は「どう伝えればいいのかわからない心境だ」と複雑な胸のうちを明かした。4月1日に実施された奥野監督のZOOM会見内容を掲載する。

 

 

奥野僚右監督

 

―1勝1分3敗のいまの現状をどう考えていますか?

 

「少し、うまく噛み合っていないということを感じています。スタートダッシュができなかったという印象です。攻守の問題点も上がってきていて、これから勝点を積み上げていくために必要なことが明らかになったと思っています。守備ではポジショニング、マーキング、ブロック、セカンドボールなどの修正点がありました。1試合1試合、課題を修正して、勝点が奪えるチームにしたいと思います」

 

(残り 1406文字/全文: 1999文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ