群馬サッカーNEWS Gマガ

無料記事【結果】J2第6節ザスパ対愛媛 ザスパ畑尾大翔、久保田和音のゴールで快勝! 開幕戦以来5試合ぶりの勝利で13位浮上

 【結果】J2第6節ザスパ対愛媛

ザスパ 開幕戦以来5試合ぶりの勝利で13位浮上

畑尾大翔、久保田和音のゴールで快勝

 

 

【結果】

ザスパ 2−1 愛媛

前半(0−0)

後半(2−1)

 

【得点】

61分:畑尾大翔(ザスパ)

87分:久保田和音(ザスパ)

88分:横谷繁(愛媛)

 

【先発】

GK1清水慶記

DF36吉永昇偉

DF2城和隼颯

DF3畑尾大翔

DF14平尾壮

MF8岩上祐三

MF6内田達也(87OUT

MF27奥村晃司(80OUT

MF7加藤潤也

MF11田中稔也(62OUT

FW50大前元紀

 

【控え】

GK1松原修平

DF32渡辺広大(87IN

MF15ジャスティン

MF16久保田和音(80IN

FW10青木翔大(62IN

FW18進昂平

FW39高木彰人

 

 

【チーム得点ランク】

1点=渡辺広大

1点=加藤潤也

1点=畑尾大翔

1点=久保田和音

1点=オウンゴール

 

【戦評】

ザスパが、最下位愛媛を下して連敗から脱出した。3連敗中のザスパは、前節から先発5選手を入れ替える陣容。大卒ルーキーの城和隼颯、奥村晃司が初先発となった。ボランチは、奥村と岩上祐三。右MFには、内田達也が入った。ザスパは前半、時間帯によって攻守が入れ替わる中でリズムをつかみかけたがクロスの質、フィニッシュ精度を欠いて得点が奪えない。スコアレスで折り返した後半16分、CKの二次攻撃から畑尾大翔がヘッドで決めて先制に成功。1対0のまま迎えたゲーム終盤の後半41分、カウンターからゴール前に飛び込んだ久保田和音がヘッドで追加点を奪う。その後、1点を返されたが、執念で逃げ切って2対1で勝利を収めた。ザスパは負ければ最下位に沈む状況だったが、踏ん張った。

 

 

奥野僚右監督

「3連敗で臨んだこのアウェイ戦でしたが、1点を取ること、1点を守ることの大切さが身にしみて分かった試合になりました。なかなかゴールが奪えない展開でしたが、チームとして根気強くチャンスを作り続けて、なおかつ、ゴール前でパワーを発揮できたことが結果につながったと考えています。前節は(ジャッジなどで)不運な部分もあったのですが、このゲームでは選手たちが相手の状況と、戦況をみながら戦ってくれたことで勝点3を奪うことができました。交代で入った選手もパワーを発揮してくれたことも非常にうれしく思います。次の試合も結果が届けられるように準備していきたいと思います」

 

 

愛媛・和泉茂徳監督

「内容的には一進一退だったかなと思いますけれども、その中で、うちがチャンスを決めきれずに群馬さんの方はセットプレーの流れとカウンターで2点を奪いました。うちも終盤に1点を返したのですが、ちょっとの差が明暗を分けたかなと思います」

 

 

(2021.04.04)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ