群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第9節ザスパ対岡山  連敗ストップで今季3勝目13位浮上 進昂平コメント「サポーターの方と一緒に『勝利の草津節』ができて嬉しかった」

【コメント】J2第9節ザスパ対岡山

電光石火のカウンターから進昂平が決勝ゴール!

連敗ストップで今季3勝目13位浮上

進昂平コメント「サポーターの方と一緒に『勝利の草津節』ができて嬉しかった」

 

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 1−0 岡山

前半(0―0)

後半(1−0)

 

【得点】

 

54分:進昂平(ザスパ)

 

 

 

【戦評】

 

この勝利は大きい。ザスパはCBに城和隼颯、右MFに進昂平を起用し、3試合ぶりの勝利を目指した。風下のザスパは、岡山の攻守の圧力に押されてボールを前に運べない。自陣で守る時間が増えると、カウンターも発動できず前半をシュート0本で終える。後半、なんとか持ち直したが苦しい時間が続く。後半9分、岩上祐三のロングキックに田中稔也が抜け出して相手DFの背後を取ると、田中のパスを受けた大前元紀がワンタッチで絶妙スルーパス。GKと対峙した進昂平が右足で確実に蹴り込んで均衡を破った。1点リードしたザスパは、虎の子の1点を最後まで守り抜きウノゼロ(1対0)で勝利。連敗を阻止し今季3勝目を挙げた。攻守に課題を残したが無失点での勝利は今季初。チームは降格圏を脱出し13位へ浮上した。

 

 

 

MF進昂平 「勝利のゴールを決めたかった」

 

―素晴らしいゴールだった。

 

「まずは稔也(田中)がいいランニングをしてくれて、ボールを収めてタメを作ってくれました。そこから元紀くん(大前)が最高のパスをくれたので、自分は決めるだけでした」

 

(残り 677文字/全文: 1305文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ