群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第11節ザスパ対山形 ザスパ1対2痛敗。 奥野僚右監督コメント「準備はしっかりとやってきたつもり」

【コメント】J2第11節ザスパ対山形 ザスパ1対2痛敗。

攻守の迫力なく、また連敗へ

奥野僚右監督コメント

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 1−2 山形

前半(0―1)

後半(1−1)

 

【得点】

 

36分:藤田息吹(山形)

48分:林誠道(山形)

84分:田中稔也(ザスパ)

 

 

【戦評】

 

ため息が漏れる、ゲームだった。ザスパは立ち上がりに相手陣地でプレーするがアタッキングサードでの質が上がらずに拙攻となる。時間の経過と共に山形にリズムをつかまれると、相手のショートカウンターを浴びるシーンが増えていく。流れが悪くなった前半36分、山形のCKから失点、1点ビハインドで前半を折り返した。後半に同点を狙ったザスパだが、開始直後の後半3分に相手のロングカウンターへの対応が緩慢で、あっさりと追加点を奪われた。ザスパは終盤の後半39分にCKから田中稔也が1点を返したが、1対2のまま敗れた。今季の「残留争い」を覚悟しなければいけない。チームだけではなく、クラブが危機感を持つことが重要だ。

 

 

 

奥野僚右監督

 

 

「前半から相手のプレスに対してボールを動かすことができずに受けてしまう形になりました。それでもなんとか前半は我慢の時間と思ってゲームを進めていったのですが36分に失点してしまいました。そこからも慌てることなく、形を整えて後半に向かいました。

 

後半にパワーを発揮したかったのですが、立ち上がりに失点してしまいました。相手の切り替えの早さだったり、うちの不用意な部分がありました。準備はしっかりとやってきたつもりなのですが、それを上回る相手の質の高さによって2点目を奪われました。

 

 

(残り 1621文字/全文: 2318文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ