群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第13節ザスパ対大宮   ザスパ ロスタイムに追いつき土壇場ドロー! 天笠泰輝コメント

【結果】J2第13節ザスパ対大宮

ザスパ 田中稔也の3戦連続弾で土壇場ドロー!

天笠泰輝コメント

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 1−1 大宮

前半(0−0)

後半(1−1)

 

【得点】

 

76分:小野雅史(大宮)

92分:田中稔也(ザスパ)

 

【戦評】

 

ザスパが命拾いした。3連敗中の20位ザスパと、7戦勝ちなしの最下位大宮の「下位直接対決」。ザスパは、大前元紀と田中稔也と2トップ、右SBにジャスティンが起用された。ザスパは前半にDFラインの裏を突かれてピンチを迎えたがGK清水慶記の好セーブでゴールを死守、スコアレスで前半を折り返す。後半31分、大前元紀のボールロストからカウンターを受けると、大宮・小野雅史に蹴り込まれて失点を喫した。追い詰められたザスパは、後半25分から途中出場の光永祐也、天笠泰輝、後半35分からプレーした白石智之、久保田和音がゴールへ向かうプレーをみせて猛攻を仕掛けた。あとがなくなったアディショナルタイムの後半47分、右CKを田中稔也がヘッドで沈めて同点ゴール。田中の3戦連続ゴールで勝点1を得たザスパが、最下位転落を逃れた。

 

 

 

天笠泰輝

 

 

―プロ2年目でJデビューとなりましたが心境は?

 

「去年、大学を辞めて、ザスパクサツ群馬に拾ってもらう形になっていたので、この1年間は、クラブに恩返しがしたいという気持ちで日々のトレーニングに励んでいました。プロデビューができたということは、これからのプロサッカー選手としての第一歩が踏み出せたことを大変うれしく思います」

 

(残り 632文字/全文: 1295文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ