群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第18節ザスパ対京都  ザスパ2度のビハインドを追いつき殊勲のドロー。渡辺広大コメント

【コメント】J2第18節ザスパ対京都

ザスパ2度のビハインドを追いつき殊勲のドロー

アウェイで貴重な勝点1

渡辺広大コメント

 

 

【結果】

 

ザスパ  2−2 京都

前半(1−1)

後半(1−1)

 

【得点】

12分:ウタカ(京都)

45+5分:大前元紀(ザスパ=PK)

64分:ウタカ(京都)

77分:渡辺広大(ザスパ)

 

【戦評】

 

ザスパが敵地で貴重な勝点1を獲得した。2位京都に対してザスパは序盤から劣勢になる。前半12分、相手のロングボールから京都のエース・ウタカに決められて失点を許す。その後も相手のリズムだったが、前半ロスタイムに大前元紀のPKで同点に追いついた。後半、リズムが生まれてきたものの後半19分に、再びウタカにゴールを決められて1対2。厳しい展開になったが後半32分に右CKから渡辺広大がヘッド弾を決めて2対2のドロー。2度のビハインドを追いついたことは価値がある。勝点1を積み上げたザスパは、最近4試合1勝3分。次節はホームで町田と対戦する。

 

 

渡辺広大

 

 

―同点ゴールを振り返って?

 

「負けていた中で、自分も失点に絡んでしまったというか、近くにいながらカバーできなかったので、取り返したいという思いがありました。ゴールに関しては、大前元紀選手のキックが良かったので、とにかくGKに競り勝つことしか考えていなかったです。ゴール前でうまく捕らえられて良かったと思います」

 

(残り 767文字/全文: 1359文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ