群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第30節ザスパ対琉球 執念の勝利!!! 青木翔大コメント

 

【コメント】J2第30節ザスパ対琉球  執念の勝利!!! 青木翔大の今季初ゴールを守り抜いて連敗脱出!!

青木翔大コメント

 

 

【結果】

 

ザスパ  1−0  琉球

前半(1−0)

後半(0−0)

 

【得点】

 

23分:青木翔大(ザスパ)

 

【戦評】

 

やった!!! 2連敗&3試合連続無得点のザスパは、5試合離脱していた大前元紀、田中稔也、渡辺広大が6試合ぶりにメンバー復帰し、ベンチ入りした。ザスパは、青木翔大と高木彰人の2トップ。琉球とのポゼッション対決となった中で、前半23分、中山雄登のスルーからカウンターを発動。高木のラストパスを受けた青木が冷静に蹴り込んで先制点を奪った。1対0で折り返した後半は、守備に回ったが、琉球の攻撃を守備ブロックで弾いて時間を進めていく。最後は5バックの陣形で守り抜き、1対0で逃げ切り。連敗を2で止めて、4試合ぶりの勝利となった。選手のハードワークと、指揮官の陣形変更が奏功した。ザスパにとって価値のある勝利となった。

 

 

 

青木翔大 「FW起用の、この試合に懸けていた」

 

―4試合ぶりの勝利となった。

 

「この2試合、連敗してしまっていて、どんな形でも、勝ちたかったので、勝てて良かったです」

 

(残り 723文字/全文: 1228文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ