今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

群馬サッカーNEWS Gマガ

【コメント】J2第34節ザスパ対京都 1対1ドロー 渡辺広大コメント「勝点3を届けたいという気持ちで戦った」

 【コメント】J2第34節ザスパ対京都

ザスパ、1対1ドロー 2位京都から勝点1を奪う

渡辺広大コメント「勝点3を届けたいという気持ちで戦った」

 

 

 

【結果】

 

ザスパ  11  京都

 

前半(1−0)

後半(0−1

 

【得点】

 

44分:大前元紀(ザスパ)

50分:ピーターウタカ(京都)

 

【戦評】

 

 

ザスパは、主力CB大武峻が負傷欠場、ベテラン渡辺広大がDFラインに入った。前線は大前元紀、北川柊斗の2トップとなった。ザスパは前半に風下だったこともあり、京都の攻撃を受ける流れになっていった。自陣での守備が続く中で我慢強く耐えていくと、チャンスがやってきた。前半44分に大前元紀が相手のバックパスミスを突いてGKからボールを奪うと、左足で無人のゴールへ蹴り込み、先制に成功する。1対0で折り返したが、後半5分に京都ピーターウタカに同点ゴールを許してスコアがイーブンに戻る。後半も守備で耐える時間が長かったが、最終ラインで跳ね返した上でカウンターを繰り出していった。2点目は奪えなかったものの、失点を許さずに1対1のドロー。2位京都相手に価値ある勝点1を積み上げた。

 

 

渡辺広大

 

―久しぶりのスタメンとなった。

 

「久しぶりのスタメンで、相手が京都さんということで、非常に難しい試合になるだろうなと思っていました。でも久しぶりのホームでしたし、多くのサポーターが背中を押してくれました。

 

前節の水戸戦で不甲斐ない敗戦をしてしまったので勝点3を届けたいという気持ちで戦っていました。でも、勝点3を奪うことができずに申し訳ないという気持ちが強いです」

 

(残り 837文字/全文: 1505文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ