群馬サッカーNEWS Gマガ

【戦記】J2第39節ザスパ対町田 泥臭さが生んだ同点ゴール、残留へ価値ある「1」

 

 【戦記】J2第39節ザスパ対町田

泥臭さが生んだ同点ゴール、残留へ価値ある「1」

 

 

 

安堵のドローだった。

 

 

ザスパはキックオフ直後から、町田の圧力に対して、消極的なプレーが続いていく。ボールが足につかず、相手のプレスを勝手に感じて、苦し紛れに味方に渡しては、そこを詰められてロストを多発した。後ろ向きのプレーが多かったため、町田のショートカウンターをもろに受ける形となり、何度もピンチを招いた。それでも町田のシュートミスに助けられていたが、前半23分についにゴールを割られた。町田のゴールが決まった瞬間、残留争いがさらに厳しくなっていくことを覚悟した。

 

(残り 2012文字/全文: 2301文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ