HAMABLUE PRESS

リーグ前半締めくくりの一戦。手応えを得て折り返せ……J2第21節・金沢戦プレビュー

■今節の相手:ツエーゲン金沢

▼基本情報

11位/勝点27/7勝6分7敗/得点26/失点28
主な得点者:林誠道(6)、豊田陽平(3)、杉浦恭平(3)、庄司朋乃也(3)、ほか
主なアシスト:松田陸(3)、長峰祐斗(3)、杉浦恭平(2)、ほか

▼前節の金沢は……

アウェイで岡山に1-5と大敗した。開始から岡山の勢いに飲まれ、自陣でボールを失っては攻め込まれてCKを与えてしまう。6分、10分と立て続けにCKから失点。ペースを立て直して26分に素晴らしい崩しで中央をこじ開けて1点を返すものの、34分にゲームメイカーの藤村 慶太が低い位置でボールを奪われ3失点目。これが大きく響き、さらにカウンターとPKで前半のうちに5失点して試合が決まってしまった。試合後のDAZNフラッシュインタビューで指揮官が不機嫌だったのは当たり前だが、ときどき作る笑顔はこっちが泣きたくなるくらい怖かった。

(残り 2652文字/全文: 3036文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ