HAMABLUE PRESS

いきなり仙台、新潟と続く後半戦クライマックス。まずは1勝……J2第22節・仙台戦プレビュー

■今節の相手:ベガルタ仙台

▼基本情報

2位/勝点40/12勝4分5敗/得点38/失点27
主な得点者:富樫敬真(6)、氣田亮真(5)、遠藤康(4)、皆川佑介(4)、中山仁斗(4)、フォギーニョ(3)、フェリペ・カルドーゾ(3)、ほか
主なアシスト:内田裕斗(3)、中島元彦(3)、氣田亮真(3)、真瀬拓海(3)、フェリペ・カルドーゾ(3)、遠藤康(2)、ほか

 

▼前回対戦を振り返る

横浜FCがホームで2-1と勝利した。立ち上がりは良く、大きなサイドチェンジで起点を作ったが、そこからなかなかペナルティーエリアに入ることができなかった。すると皆川佑介へのロングボールからセカンドボール争いで優位に立った仙台がペースを握り、18分に氣田亮真のゴールで先制する。しかもガブリエウが前半終了間際に鼻骨骨折のアクシデント。横浜FCは後半開始から、武田英二郎、山下諒也、伊藤翔を投入。これで流れが変わった。52分、中村拓海の最終ラインの裏への絶妙なロングパスから小川航基がダイレクトボレーでねじ込み同点に追いつく。さらに56分、高木のクロスから再び航基が頭で決めて、逆転勝利を挙げた。

(残り 2294文字/全文: 2835文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ