HAMABLUE PRESS

大敗。現時点J1最強ガチメンが示した“基準”……天皇杯3回戦・広島戦マッチレビュー

▼天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 3回戦

6月22日(水)19:00キックオフ/ニッパツ三ツ沢球技場(1,578人)
横浜FC 0-5 サンフレッチェ広島
【得点】
12′ 広島/森島司
58′ 広島/東俊希
75′ 広島/ドウグラス・ヴィエイラ
90′ 広島/松本泰史
90’+3 広島/松本泰史

 

ともにリーグ戦から中3日。そして週末に横浜FCは中3日で新潟との首位決戦、広島は中2日で福岡とのアウェイ戦を控えるこの試合に、横浜FCは完全ターンオーバーしたが、広島はまったくメンバーの入れ替えなしで臨んできた。試合後、ドイツ人のミヒャエル・スキッベ監督は、過密日程の中のカップ戦で下位リーグを相手にメンバーを落とさなかったことについて、「ただ勝ちたかっただけだ」と簡潔に語った。スベンド・ブローダーセンに聞いたところ、「ドイツではそれが普通ね。どんな試合でも、相手が4部リーグや5部リーグでもファーストチームが出るよ」ということらしい。

(残り 3537文字/全文: 3953文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ