デイリーホーリーホック

キム・ヨンギ選手インタビュー「挑戦(前編)」(2012/4/25)

自らの可能性を広げるために、今季韓国から単身水戸にやってきたキム・ヨンギ。
開幕戦でいきなりスタメンを飾ると、その後も不動のセンターバックとして活躍を見せた。
通訳もおらず、独学で日本語を学びながらプレーするヨンギ。
水戸の地で奮闘する彼の胸の内に迫った。

高校2年でDFにコンバート

――サッカーをはじめた頃の話から聞きたいのですが、どういうきっかけでサッカーをはじめましたか?
小学校に入った時にサッカーボールの存在を知った感じですね。そこから友達と一緒にボールを蹴っていたらすごく楽しくなったんです。それでサッカー部を探して、チームに所属しました。

――昔から背は高かったのですか?
僕の故郷は田舎だったのですが、その町の中では大きい方でしたね。お母さんは少し高くて、お父さんは普通ですね。

――昔からDFでしたか?
子供の頃はFWとMFでプレーしていました。攻撃的なプレーヤーでしたね。テクニックが売りでした(笑)。

――DFになったのはいつですか?
高校2年の時でした。監督から言われて、コンバートされました。

(残り 2964文字/全文: 3412文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック