【サッカーパック人気1位】 【名古屋vs横浜FM】レビュー:満員の瑞穂で味わった屈辱の5失点。“仕…

デイリーホーリーホック

【HHレポート】Go!Fight!Win! 公式チアリーダー「Mito Holy Kids」、栃木SC戦に登場(2012/5/31) ※無料公開


【写真 米村優子】

栃木SC戦に「Mito Holy Kids」が登場!

華やかな衣装で一生懸命にダンスをして、スタジアムに笑顔や元気を与えてくれる公式チアリーダー「Mito Holy Kids」の子供達。「カワイイあの子達の姿をまた観たい!」と思っている皆さん、朗報です。来たる6月2日、北関東ダービー・ホーム最終節となる栃木SC戦に「Mito Holy Kids」が登場します!

「Mito Holy Kids」は2007年に発足、今年で5年目を迎える水戸ホーリーホックの公式キッズチアリーダー。チームの壮行会、パブリックビューイング、Ksスタでの試合前やハーフタイムで、公式ソング「走れ☆ホーリーホック」などに合わせて元気いっぱいにダンスして、会場を盛り上げています。今年3月には、東京ドームで開催された「東日本大震災復興支援ベースボールマッチ」日本対台湾戦の前座にも参加しました。

幼稚園から小学1年生までの「キッズクラス」、小学1年生から4年生まで、小学3年生から中学生の「ジュニアクラス」の3つのクラス別にレッスンが進み、現在は4歳から中学3年生まで計32人が在籍しています。4月から新学期レッスンが始まりましたが、そのほとんどは経験者。水戸市南町のダイエー水戸店跡地にあるショッピングセンターミーモで、毎週一回、1時間の練習に励んでいます。

講師は、全日本チアリーディング選手権大会出場、高校野球開会式、記念式典、各種スポーツの応援に参加経験のある小林奈津美先生(株式会社ファイブスターエンターテイメント所属)。小林先生は保育士の資格も持っており、子供のモチベーションに合わせた「楽しく、笑顔で、そして時に厳しい」メリハリある指導に定評があります。
「自分も観ている人も楽しめる。華やかで元気良く、勇気、笑顔を与えられるもの」と小林先生はチアの魅力を話します。
「ダンスが好き」「試合会場でチアを観て、自分もやってみたいと思った」「友達に誘われてやってみた」など始めたきっかけは様々ですが、子供達はスタジオでのレッスンを通じて、チアダンスの楽しさや技術を学び、チームワークの大切さ、コミュニケーション能力向上を目指しているのです。


【写真 米村優子】

オリジナルの合言葉でスタジアムを元気に!

取材に訪れた日は、「キッズクラス」「ジュニアクラス」共に、基礎レッスンの真っ最中。レッスンが始まる前に、「Mito Holy Kids」はオリジナルの合言葉「チアのあいうえお」を復唱していました。

「あいさつ=元気よく挨拶しよう」
「いっしょうけんめい=レッスンの時間を大切に一生懸命やろう」
「うえをむく=メソメソしない、姿勢を正しく堂々と」
「えがお=チアリーダーにとって大切な笑顔を忘れない」
「おもいやり=友達が困っていたら助けよう」

日常生活にも通ずるこの合言葉。子供達はレッスン前に復唱することで、チアと向き合う心構えを毎回確認し、体にしみこませています。キッズ達は、この「チアのあいうえお」の精神でスタジアムへ笑顔と元気を与えて続けているのです。


【写真 米村優子】

そして、アップテンポなBGMが掛かると、「にーにっさんしっ!ごーろくしちはちっ!」と大きな声で柔軟体操。その後、新たなステップや振り付けの基礎練習が行われ、最後はポンポンを装備して楽しそうにレッスンをしていました。
「走れ☆ホーリーホック」の振り付けについて、「初代の講師の方が考案したもので、とにかく子供でも簡単に出来ます。Mito Holy Kidsのスクールが始まった時から、ずっと同じ振り付けなんですよ」と小林先生。
チアと言えば、ダンスの合間のコールも定番です。「Mito Holy Kids」の主なコールは、「Let’s go! holly’s! Go! Fight! Win!」。是非、子供達と一緒にダンスして、このコールを掛け合って、スタジアムへ響かせてみて下さいね!

いよいよ、あと数日に迫った栃木戦。「Mito Holy Kids」の子供達も久々の大舞台へ向けて、猛特訓を重ねています。
本間幸司選手のファンという寺門麻夕花さん(水戸市立千波小学校2年)は「水戸の試合でチアを観て、やりたくなった。スタジアムで踊るのが楽しみ」。父親の誠一さんは「練習している姿を見て、結構頑張っているなと思う。スタジアムのような大舞台に立ててすごいと思います」と愛娘の雄姿を待ちわびていました。
栃木戦はもちろんですが、キッズチアリーダーの活躍にも注目をお忘れなく!

現在、「Mito Holy Kids」では「キッズクラス」のメンバーを募集中。見学、無料体験レッスンも実施しているので、興味のある方は気軽に問い合わせを!
「Mito Holy Kids」オフィシャルサイトhttp://www.holys.jp/


【写真 米村優子】

(レポート 米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック