デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第38節ザスパ草津戦「足りなかった“本気度”」(2012/10/15)

足りなかったゴール前の迫力

やはり「ダービー」は一筋縄にはいかなかった。序盤から圧倒的に水戸が中盤を支配して進んだこの試合。だが、草津は「負けてたまるものか」という気迫を前面に、アフター気味の危険なファウルを連発して水戸の攻撃を食い止めに来るなど、なりふり構わず水戸に食らいついてきた。52分にDF中村英之が退場してからは、全員が高い守備意識を見せ、ゴール前の体を張ったディフェンスで水戸の攻撃を跳ね返し続けた。結局、草津にほとんどチャンスらしいチャンスを作らせなかったものの、粘る草津を押し切ることができず、試合は0対0で終了。水戸にとって、煮え切らない勝ち点1となった。

(残り 1792文字/全文: 2078文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック