『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

デイリーホーリーホック

【HHレポート】[HOLY SPONSORS]第8回・株式会社Mコーポレーション「熱狂的なサポーターからスポンサーへ!地元の『水戸』を盛り上げたい」(2013/2/19) ※全文無料公開

水戸ホーリーホックを支えてくれるスポンサーさんにお話を聞く企画「HOLY SPONSORS」。第8回目にレポートさせていただいたのは、メディアスポンサーとして支援していただいている「株式会社Mコーポレーション」です。どのような思いを抱いて水戸のスポンサーとなり、支援を続けているのか、鈴木昌広代表取締役にその経緯や今後の水戸への期待すること等をインタビューした模様をお伝えします。

メディアスポンサー・Mコーポレーション
株式会社Mコーポレーション 代表取締役 鈴木昌広さん

熱狂的な水戸サポーターからスポンサーへ

私は元々、ホーリーホックが2000年にJ2へ昇格した時からのサポーターです。
Jリーグが発足した時、私は中学生。その頃は茨城県に住んでいたのですが、小学生の6年間はずっと埼玉県で育った為、埼玉に思い入れがあり、茨城の赤いチームではなく埼玉の赤いチームを応援しながら、高校までサッカーをしていました。
なので、ホーリーホックの存在を知ると、すぐにスタジアムに足を運んで応援し始めたのです。
水戸サポーターから離れた事が一時期ありましたが、木山隆之監督の就任一年目から水戸熱が再燃。自費でオリジナル水戸グッズを作ったりもしましたし、時にはユースの試合も観戦しています。

会社員時代はシーズンパスやオフィシャルグッズを買うぐらいしか貢献出来ないのが歯痒く感じていましたが、今はスポンサーとして選手やクラブへ少しでも還元出来ているのが嬉しい限りですね。
妻と子供も同じく水戸サポーターですが、「私達よりもホーリーホックにばかりお金を使っている!」なんて言われたりしますが…(笑)。

地域活性化のために売上の一部をホーリーホックへ還元

私共のMコーポレーションは、土地や建物の売買、買取専門の不動産会社。ホームゲームのサンクスマッチでお馴染みの不動産会社「香陵住販」に約7年務めた後、昨年に独立して立ち上げたばかりの会社です。

社名の「M」は、地元である「水戸」の「M」、全スタッフのイニシャルに入る「M」、そして利益を独り占めするのではなく、地元に還元しながら「み(MI)んなで儲(MO)けよう」という意味が込められています。

私達の地元には、「水戸」と冠を付けて戦っているホーリーホックがあります。
「水戸市」という地域活性化のためにも我々が盛り上げて、大事にしていかなければなりません。

そのため、弊社では全ての不動産売買の売上の一部を水戸ホーリーホックへのスポンサー料として還元する取り組みをしています。
つまり、弊社で住居をご購入された際は、夢のマイホームを持つことが出来るし、ホーリーホックも潤うということ。
特に水戸サポーターの皆様は、弊社をご利用して頂けると一石二鳥となりますよ!

地元不動産会社の中でNO.1スポンサーになりたい

私はスポーツ全般が大好き。だからいつか少年野球など地域スポーツにも協賛したいと思っています。
そして水戸ホーリーホックを継続的に支援して、地元不動産会社の中で一番の水戸スポンサーとなるのが私の目標。
昨年はメディアスポンサーのみでしたが、今年はピッチ看板スポンサーもやる予定です。今後はもっと業績を上げて、弊社主催のサンクスマッチを開催したいです。

今季は最低10位以内へ!近藤選手のオーバーラップ、FW陣の活躍に期待

ちなみに私は色々な外国語で話したり、海外の国歌を歌うのが得意。ヨンギが来てすぐのファン感謝デーの時には韓国語で挨拶したり、山形へ移籍したフランクと食事した時にペルーの国歌を歌ったりしましたよ。フランクはいまいちな反応でしたが(笑)。

それはさておき、今季は最低10位以内、出来れば6位以内に絡んで欲しい。
ライセンス問題に対しても色々と腹に抱えているものはありますが、昨シーズンの水戸は13位。プレーオフのテーブルに乗ってから、初めて意見が言えると思っています。
今年は近藤岳登選手の右からのオーバーラップ、難波宏明選手、鈴木隆行選手、三島康平選手、山村佑樹選手のそれぞれの個性を生かしたFW陣の活躍にも期待していますね。

私はレッズも応援していますので、「KSスタもいつかあんな風になってくれれば」と昔から夢見ています。
選手、スタッフ、そして地元が一丸となって、一緒に水戸を盛り上げていきましょう!


【写真 米村優子】

株式会社Mコーポレーション
2012年創業。不動産販売・買取専門店。売上の一部を水戸ホーリーホックへスポンサー料として還元する地域貢献活動を継続中。
http://www.geocities.jp/mcorporation_mito/index.html

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ