本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第5節愛媛FC戦「欠如したチャレンジャー精神。この敗戦を機に意識改革が求められる」(2013/3/25)

「ボールを奪うこと」よりも優先された「ボールをつなぐこと」

ただただ情けなかった。その一言に尽きる。前節岡山戦で希望を抱かせるゲームを見せただけに、なおさら情けなかった。「前半からファイトが足りず、スカスカやられた情けないゲーム。本当にサポーター、今日来ていただいた方に謝らないといけない前半でした。情けないし、恥ずかしい」。試合後の柱谷哲二監督の言葉がこの試合のすべてと言えるだろう。問題はこれが今季2度目ということである。第3節鳥取戦に続き、闘志を見せることなく敗戦を喫したところに今季のチームの危うさを感じざるを得ない。

(残り 2252文字/全文: 2514文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック