【サッカー人気5位】【練習試合:名古屋vs横浜FC】レビュ…

デイリーホーリーホック

【HHレポート】新規開校されたサッカースクール石岡校に飯田優二選手が来校 (2013/5/21)※全文無料公開

サッカースクール石岡校開校!

今季から新規開校された水戸ホーリーホックサッカースクール石岡校に同市出身の飯田優二選手が4月30日に来校。体験スクールに参加した小学生らと共に汗を流しました。

石岡はケーズデンキスタジアム水戸から程近く、サッカーがさかんな地域。「ホーリーホックの存在をより多くの方に知ってもらい、地域のサッカー文化の更なる活性化を図りたい。そしてサッカーの奥深さ、本質に触れて貰えるように伝えて行きたい」と水戸スタッフ。
石岡校は、毎週火曜16:40~17:50に「3、4年生クラス」、18:00~19:30から「5、6年生クラス」の2クラスが開校。トレーニング場所はオフィシャルグッズも販売されている「スポーツランド石岡」(石岡市杉並)です。


【写真 米村優子】

当日は「3、4年生クラス」に7人、「5、6年生クラス」に6人がエントリー。遠くのコーンにボールを当てる基礎練習やミニゲームを中心にスクールが実施され、飯田選手は好プレーした子供達に「ナイス!」と声を掛けたり、プロのテクニックも披露。故郷の子供達との触れ合いを楽しみ、リフレッシュしていた様子でした。
終了後の質疑応答の場面では、「小学校の頃に憧れた選手は?」「小学校の頃はどんな練習をしていましたか?」などの一つ一つ丁寧に回答。ボールやトレーニングウェアにサインをして貰っていた子供達から笑顔が溢れていました。


【写真 米村優子】

石岡市出身の飯田選手「改めて頑張ろうと思った」

「初めてプロの選手とプレーした。ドリブルがすごかった。ミニゲームを一緒にやって楽しかった」と参加した伊藤奏汰さん(竹原小4年)。
柿沼隼斗さん(岩間小6年)は「飯田選手はボールタッチが上手かった。プロと一緒にプレーして良い体験が出来ました。毎日ボールを触って練習して、DF裏に抜け出すプレーが出来るFWになりたいです」とプロの技術に刺激を受けていました。


【写真 米村優子】

「自分の地元にホーリーホックのスクールが出来て嬉しいです。子供達に上手い所を見せて、楽しく元気にやることが一番だと思ったので、僕自身が楽しみながらプレーしました。自分がもっと活躍すれば石岡の地域もホーリーホックの話題で盛り上がり、チームが更に活性化される。改めて頑張ろうと思いました」と飯田選手。
水戸ユースからトップチームに昇格して今年でプロ3年目。現在はトップ下を中心に様々なポジションに挑戦中です。
「どこのポジションをやってもミスを少なくして、球離れを速くして、リズムを作れるように意識して伸ばして行きたい。若手がどんどん試合に絡んでいるので、僕も続きたいと思います」。
心機一転してプレーに励む飯田選手の今後の活躍に注目しましょう!

水戸ホーリーホックサッカースクールは随時入会受付中
詳しくは公式HPへ
http://www.mito-hollyhock.net/www/bring/school.html


【写真 米村優子】

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック