【サッカー人気3位】浦和レッズが2カ月ぶりの全体練習を再開…

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第25節ガイナーレ鳥取戦「リーグ後半戦に向けてのギアチェンジ。勝ち点1の持つ意味」(2013/7/22)

「攻め勝つ」覚悟を持って新システムで臨んだゲーム

またしても「隙」によって勝利を手放した。
序盤から水戸が圧倒的に中盤を支配し、攻め立てはしたものの、チャンスを決めきることができず、29分にカウンターから失点してしまう。
オフサイドとも思える微妙な場面であったが、右サイドで鈴木雄斗が残ってしまっていたことも事実。映像で見直しても「オフサイド」とは言い切れず、「オフサイドトラップのミス」(柱谷哲二監督)による失点と見るべきだろう。

(残り 2617文字/全文: 2830文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック