Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第38節カターレ富山戦「富山の6バックを攻略できず。“あと少し”の試練は続く」(2013/10/28)

先制点が重くのしかかった

先制点までの展開が悔やまれる。
プレビューでも書いた通り、第35節神戸戦からの3試合と同じテンションで臨めるかがこの試合のカギを握っていた。
富山は残留争いの真っただ中。そしてホームで4試合勝利から遠ざかっていただけに、序盤からフルパワーで向かってくることは分かっていた。
しかし、「立ち上がりのテンションというか、気持ちのところで入れなかった」と柱谷哲二監督が悔やんだように、序盤は相手の勢いに対して受け身になってしまった。

(残り 2936文字/全文: 3158文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック