【サッカー人気4位】「(背番号39について) マリノスの1…

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第39節愛媛FC戦「こんなものじゃないだろう!?」(2013/11/4)

指揮官の「賭け」は失敗に終わった

1対2で迎えた67分、右サイドで数的優位を作り、抜け出した細川淳矢がクロスを入れる。ファーサイドで待ち受けた三島康平が胸で落とすと、走り込んだ橋本晃司が左足を一閃。ゴールネットに突き刺した。
個の能力の高さとコンビネーションが融合した、今季のベストゴールの一つに挙げられる素晴らしいゴール。このチームのポテンシャルの高さをあらためて実感することができた。
だからこそ、悔やまれるドローであった。これだけの力がありながらも、なぜ勝ちきることができないのか。
この試合においては、前半の戦いがすべてだったと言っていい。

(残り 2965文字/全文: 3235文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック