【サッカー人気5位】LumaFusion導入、Jリーグ再延…

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第40節東京ヴェルディ戦「勝因は一体感。それこそ水戸のあるべき姿」(2013/11/11)

個々の能力で上回る相手を圧倒

試合前のウォーミングアップ。両チームともパス回しを行っていたが、ワンタッチ、ツータッチでミスなくボールを回す東京Vに対して、水戸はなかなかうまくつながらない。技術の差は明白であった。
しかし、それでも東京Vを圧倒する展開を見せることができるのだから、サッカーは面白い。
序盤こそ東京Vの激しいプレッシングとスピーディーなパスワークに苦しみ、主導権を握られるが、相手の運動量が落ちた20分過ぎから水戸がゲームを支配。効果的にサイドに展開して、攻撃を組み立てた。
44分に東京Vに退場者が出て、数的優位に立つと、さらに攻勢を強めた。人数を固めて守る相手に対して攻めあぐねる時間が続いたものの、水戸は焦ることなく、サイドを攻略し、そして80分に左サイドを突破した輪湖直樹のクロスから、最後は橋本晃司が冷静にゴールに流し込んで待望の先制点を挙げる。
その後、この試合で勝ち点3を取らなければ「J1昇格」の可能性が断たれる東京Vの捨て身の猛攻を受けるが、守備陣が集中を切らさずに対応。11試合ぶりの勝利を手にした。

(残り 2746文字/全文: 3208文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック