『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

デイリーホーリーホック

【シーズンオフ特別企画】ボランティアグループ「Tifare」代表補佐・栗原賢二さんコラム「裏方魂⑱ J1予習ドリル」(2014/1/27)※全文無料公開

「心の準備」が足りなかった09年

新チームが始動し、ワクワク感の高まる季節になってきました。
スタジアムのライセンス問題も少しずつ前進、「最速で昇格!」と気合が入っている方もいるでしょう。

ところで皆さん、水戸ホーリーホックがJ1で闘っている姿を、具体的に想像できますか?
未体験のステージなので、まだ現実感がないかもしれません。
この『J1リーグ』に対するイメージの乏しさが、近い将来チームの足かせになる可能性の話をします。

夏場まで5位につけていたのに急失速した、2009シーズンを覚えているでしょうか。
あれは魔法が解けてしまったのではなく、クラブに関わる全員の「心の準備」が足りなかったのが原因と思います。
勝点としては希望があった。しかし我々は昇格を、『実現できる目標』として捉えていたか?

先頃イタリアのACミランへ入団した本田圭佑選手に代表されるように、夢を叶える人は早くから
自分が成功するビジョンを描いているもの。小学校の作文で、現在を予言していた話は有名ですね。
私達も「どこに行きたくて、何をやりたいか」を、今のうちはっきり思い描くのが大切じゃないかなと。

J1へのシミュレーション

では、どうしたら良いか?このままお説教モードを続けるのは私も辛いので(苦笑)昇格前後に起こりうる場面を
シミュレーションして、それに対して自分がどんな反応をするか予習ドリルを作ってみました。
もちろん選択肢にない事柄を想像してもOKです。特に採点はありませんので、皆さんも気軽にやってみてください。

水戸にJ1ライセンスが交付された瞬間をイメージしてください。あなたのテンションは?
①気合MAX!ここからが本番 ②安心して力が抜ける ③号泣

昇格のかかった天王山で早々に失点。頭によぎったイメージは?
①駄目かも・・・ ②まだ行ける! ③必ず勝つ!!

その後逆転に成功し迎えたロスタイム、「J1」が見えてきました。客席でどうしますか?
①声が枯れるまで応援 ②静かに祈る ③怖くて試合が見れない

ついに昇格決定!!あなたは何を思い浮かべて泣きますか?
①選手達の健闘 ②チームの辛かった過去 ③全部

J2卒業のシーズンオフ、過ごし方は?
①チームのさらなるサポート手段を考える ②あれこれ楽しい妄想 ③放心状態

あっという間にJ1開幕戦の朝を迎えました。何時に起きましたか?
①かなり早起き ②いつも通り ③眠れなかった

敵サポーターの圧倒的な人数、声量にさらされました。あなたのリアクションは?
①ビビる ②燃える ③感心する

水戸のJ1初ゴール!!どうやって決めた?
①裏への抜け出し ②中盤からのミドル ③セットプレー押し込み

記念すべき初勝利。どんな試合展開でしたか?
①豪快な打ち合い ②ギリギリの心理戦 ③意外と余裕

その後勝ち星に見放され、残留争いに踏み入れました。率直な精神状態は?
①100%残る! ②落ちてもしょうがない ③流れに身を任せる

チームは何とか立ち直り、J1残留が決まりました。最も近い感情は?
①良かった・・・ ②情けない・・・ ③来年は見てろよ・・・

戦力が整って、10位あたりまで行けそうです。そこから先の目標は?
①やっぱり残留 ②中位キープ ③上位進出

Jリーグのタイトルを獲得しました!!優勝を実感したのはいつ?
①試合終了の瞬間 ②翌朝の新聞 ③ユニフォームに「星」がついた時

好成績のおかげでACL(アジアチャンピオンズリーグ)出場。海外からKsスタに来たサポーターへ、どう接しますか?
①遠巻きに眺めるだけ ②あいさつを勉強して話しかける ③ノリで仲良くなる

さらに世界クラブW杯へ出場決定しました!水戸ホーリーホックの対戦相手は?
①バルセロナ ②バイエルン・ミュンヘン ③サントスFC

いかがでしたか?現在の予算規模から言えば、むしろJ3へ落ちない心配をすべきなのかもしれません。
とはいえ『強くなるビジョン』が、窮地を救ってくれる事もあると思います。
「貧乏だから、発想も貧乏」にならないよう、イメージトレーニングが大切かと。
それがいつの日かライバルや、自分自身に打ち克つ力となれば幸いです。

12月から連載させて頂いたコラムも、今回でひと区切りとなります。
クラブの「現実」に最もさらされる立場だからこそ、目標と確信を抱いて頑張りたい。
私達ボランティアスタッフにも温かい応援、できればサポート頂ければ嬉しいです!

(栗原賢二)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ