【サッカーパック人気2位】 クラブ名を変えようとするオーナーは敵か味方か Jリーグがビジネス至上主…

デイリーホーリーホック

【レビュー】練習試合 対ジェフユナイテッド千葉戦 「大敗喫すも、収穫を手にすることができたゲーム」(2014/2/25)

試合結果 2月24日 11時キックオフ 場所:ユナイテッドパーク
水戸 0(0-1)4 千葉
得点:44分千葉、55分千葉、61分千葉、90分千葉

控え組が90分プレーできたことに意義がある

結果は0対4の大敗に終わった。「同じプロとしてこれだけ差をつけられてはいけない」と二瓶翼が唇を噛んだように、屈辱的な結果と言えるだろう。
ただ、それでもこの試合には意義があった。それは「サブ組が90分プレーできたこと」(柱谷哲二監督)である。
15日の鹿島とのプレシーズンマッチが中止となったことを受けて、翌日に練習試合を行うこととなったが、当初予定されていた控え組の練習試合は流れてしまった。

(残り 1380文字/全文: 1662文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック