都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第4節ファジアーノ岡山戦「2試合続けて勝負に徹した相手に屈する。今のチームに足りないものとは?」(2014/3/24)

引けば水戸に勝てるという自信があったのでは

「勝負に徹した戦いを選択しました」と岡山の影山雅永監督。水戸側も「映像を見る限り、前からあまりプレスに来てなかったので(引いてくるのは)ある程度予想していた」(馬場賢治)ものの、その度合いは予想をはるかに超えるものであった。

水戸がボールを持つと岡山は全員が素早く帰陣。水戸の攻撃のスペースを消すことに専念した。「あれだけ引かれたらJ2のチームではなかなか崩せないですよ」と柱谷哲二監督が呆れるほど、徹底した守備的なサッカーであった。

(残り 1450文字/全文: 1687文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック