【サッカーパック人気2位】 難攻不落の水戸城を攻略せよ。ディフェンスを強調し、K’s決戦に赴くFC…

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第10節ロアッソ熊本戦 「トライし続けたからこそ、次につながるスコアレスドロー」(2014/4/30)

今季最多3本のシュートを放った内田航平

0対0のドロー。前回のホームゲーム第8節東京V戦同様、勝ちきれない結果に終わったことに対して選手たちは肩を落とした。
しかし、「互いにやりたいことがしっかりできたいいゲームだった」と柱谷哲二監督が納得した表情を見せたように、内容は悲観すべきものではなかった。むしろ、チームとしての成長を感じさせるプレーを選手たちは見せてくれた。
中でもボランチの2人は今まで以上に存在感を示した。
熊本のタイトなプレスを受けながら積極的にボールを引き出し、攻撃を組み立てた。2人とも常にボールを受けられる位置に動き、様々な選択肢を持ってプレーすることができていた。

(残り 1060文字/全文: 1350文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック