【サッカーパック人気3位】 漢・馬場賢治加入! 勢いづくFC岐阜、一路台風近づく鹿児島へ【J2第2…

デイリーホーリーホック

【レビュー】いばらきサッカーフェスティバル2015 鹿島アントラーズ戦 「キャンプで積み上げた組織力でコンディション差を埋めるも、届かなかったあと一歩」(2015/2/15)

気持ちだけでは鹿島に通用しなかった

ITO_4996
【写真 伊藤厚】

内容に関して期待できないのは分かりきっていたことだった。12日に9日間にわたる沖縄キャンプを終えたばかりで、2週間オフなしでチームは突っ走ってきた。2日前にはJ1鳥栖とプレーできるほぼ全選手が90分出場。さらにこの試合が9日間で4試合目というハードスケジュール。
25日にアジアチャンピオンズリーグ初戦を控える鹿島と開幕まで3週間ある水戸とのコンディションに開きがあるのは明らか。
「ヘロヘロの状態でいかに戦うか」(柱谷哲二監督)に主眼を置いて挑んだ一戦で見せたのは「思っていたより早く出来上がっている」と指揮官が感じたほどの組織力の高さであった。

(残り 1506文字/全文: 1802文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック