【サッカー人気5位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

デイリーホーリーホック

【レビュー】明治安田生命J2リーグ第8節コンサドーレ札幌戦 「“強者”を演じるにはあまりにも欠けていた“強さ”」(2015/4/20)

前線への供給源を断たれ、ボコボコ蹴ってしまった

またしても“この手”のチームに屈してしまった。これまでの2勝はいずれも相手が最後尾から丁寧につないでくるチームから挙げたもの。チームとしてのスタンスを発揮できた開幕戦の熊本もそうだった。
一方、まず自陣で守備をセットし、ボールを奪うことに主眼を置き、さらにボールを奪ってから中盤を経由させずにロングボール主体で攻めてくるチームに対してはボールを奪う位置が低くなり、自慢のカウンターを発動できずに勝つことができなくなる。

(残り 1430文字/全文: 1661文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ