【サッカー人気4位】「夏のような暑さの中、一切妥協なし。1…

デイリーホーリーホック

【インタビュー】飯田優二(トラウムトレーニングコーチ)インタビュー(後編)「トラウムの指導に共感を覚え、指導してみたいと思った」(2492文字)(2015/7/2)

【写真 トラウムトレーニング提供】

【写真 トラウムトレーニング提供】

――タイで1シーズン戦い抜いて、日本に戻ってきました。結局引退を決意しますが、現役を続けたい気持ちはあったのでしょうか?
ありましたね。チームも探しました。でも、タイでのシーズンが終わるぐらいに「きついかな」という思いもあったんです。日本に戻ってきてから、チームを探してはいたのですが、自分の実力に対して自信を持てなくなっていました。探していたチームもJFLより下のチームで、そこから這い上がっていけるかどうか。そこのモチベーションを保てるのか。そこをすごく考えました。メチャクチャ悩んだんですよ。昨年の10月ぐらいに日本に戻ってきたのですが、そこから3、4か月悩みながら過ごしていました。「もう無理だな」と思いながらも、やめるという決断をする勇気が出なかった。結構引きずりました。

(残り 2339文字/全文: 2765文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック