【サッカー人気2位】いよいよ2019年のニッサンスタジアム…

デイリーホーリーホック

【レビュー】練習試合 対ブリオベッカ浦安戦 「2年連続浦安に敗戦。明確に出たストロングポイントとウィークポイント」(2016/2/3)

練習試合 30分×4本
水戸1(0-0、1-1、0-1、0-0)2浦安
得点者:萬代宏樹(水戸のみ)

【写真 佐藤拓也】

【写真 佐藤拓也】

敗戦はプロとして許されないこと

「また浦安とこういう試合になってしまいましたね」。試合後、西ヶ谷隆之監督は苦笑いを浮かべながら口にした。
1月24日に水戸ユースと試合を行ったものの、実質的に初の実戦となったこの試合。その相手に選んだのが、3年連続で浦安だった。清水康也や村田翔ら元Jリーガーを擁し、都並敏史氏がテクニカルアドバイザーを務める浦安は非常に戦術的で力のあるチームである。それは昨季JFL昇格を成し遂げたという事実が物語っている。一昨年はドロー、昨年は敗戦と2年連続で水戸は勝利することができていない。「今年こそは」という思いで臨んだものの、昨季に引き続き、敗戦を喫すこととなった。

(残り 3385文字/全文: 3804文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック