【サッカー人気5位】大槻さん、そして今季のラスト4試合 こ…

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第15節カマタマーレ讃岐戦 「相手の決定力不足と運に救われての勝ち点1。成長は見られず」(2016/5/29)

自分たちで流れを断ち切ってしまった

終了間際、左サイドから今瀬淳也が投げたロングスローを三島康平が頭でそらすと、中央でボールを受けた湯澤洋介は胸トラップから素早く左足を振りぬき、ゴール右隅に流し込んだ。第12節北九州戦を思い出させる起死回生のゴールで、貴重な勝ち点1を手に入れた。しかし、試合後の選手たちの表情には笑みはなかった。「勝てた試合でした」。殊勲のゴールを決めた湯澤も表情は冴えなかった。

(残り 1526文字/全文: 1724文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック