『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

デイリーホーリーホック

【練習レポート】角口大征選手コメント「移籍するからには成長して帰ってこないといけない」(2016/7/14)※無料公開

【写真 佐藤拓也】

【写真 佐藤拓也】

Q.移籍を決断した理由は?
「水戸にも期限付きで入ってくる選手がいましたし、そういうことがある世界だということは理解していました。そして、今回オファーをいただいて、チームに相談したところ、『今季は試合に関わるのは難しい』という返答が戻ってきて、非常に悔しい思いをしました。やはり試合に絡めないと成長できないと思い、カテゴリーは違えども、試合に出るために移籍を決断しました」

Q.鈴鹿には水戸から期限付きで移籍している岡田明久選手もいますね。
「鈴鹿の監督とも話をしました。今は地域リーグのチームですが、チームと一緒に成長していきたいと思っています。チームの目標であるJFL昇格に貢献できるようにしたいですし、そのためにもまず試合に出られるようになりたいと思います」

Q.岡田選手には連絡しましたか?
「しました。『試合に出ることで得られるものがある』と言われました」

Q.地域リーグのチームには地域リーグ決勝大会という日本サッカーのピラミッドの中で最も厳しい大会があります。そこを経験することは大事だと思います。
「負けてはいけない試合の緊張感の中で試合をしたい。練習試合では感じられないピリピリした空気の中で力を発揮できるようになれば、選手としても成長できると思いますし、水戸に戻ってきたときも力を出せるようになると思います」

Q.これまでの練習や練習試合を通して、成長している実感もあったのでは?
「それはあります。1年半続けてきたことを無駄にしないためにも、鈴鹿に行ってからも自主練習など継続してやっていきたいと思います。成長するために移籍するということを忘れないようにしなければならない。そのためにも継続することが大事だと思っています。体のケアも大事ですし、常に自分と向き合いながら取り組んでいきたいと思います」

Q.成長するための課題は何だと思いますか?
「プレーの緩急をもっと意識してつけられるようにならないといけないと思っています。プレーにメリハリや強弱がないと厳しいプレッシャーを抜け出すことはできない。そこを意識していきたいと思っています」

Q.ゴールにもこだわりたいですね。
「そこはこだわらないといけない。水戸ではミシさん(三島康平選手)というスーパーな選手から見て学ぶことができました。FWとしてどういう仕事をしないといけないのかを理解することができました。あとはプレーで表現するだけだと思っています」

Q.鈴鹿での目標は?
「1試合1得点。鈴鹿は地域リーグのチームですが、リーグ戦だけでなく、これから全国社会人大会や天皇杯、地域リーグ決勝大会などたくさん試合があるんです。試合が多いことも移籍を決めた大きな理由です。なので、毎試合しっかり結果を残せるようにしたいと思います」

Q.水戸サポーターにメッセージをお願いします。
「移籍するからには成長して帰ってこないといけないと思っています。そのために全力で戦ってきます。これまで試合に出ていないにも関わらず、たくさんの声援をいただいたことに感謝しています。恩返しできるように成長して帰ってきます。そして、来季は水戸でみなさんに元気を与えられるような全力プレーを見せたいと思いますし、『変わった』と思ってもらえるようにしたい。必死に頑張ってきますので、これからもよろしくお願いします!」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック