都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

デイリーホーリーホック

【プレビュー】天皇杯1回戦 東京国際大学戦 「前田秀樹監督からの挑戦状。謙虚さとひたむきさと泥臭さがキーワード」(2016/8/26)

【写真 水戸ホーリーホック】

【写真 水戸ホーリーホック】

やるべきことをやった上での個人のアピール

いよいよ天皇杯がスタートする。思い出すのは1年前。当時、J2残留争い真っ只中にいた水戸は若手中心メンバーで挑み、3回戦では鹿島アントラーズを撃破。さらにそれまでけがで離脱していた鈴木雄斗(現山形)が同大会で復帰し、大活躍を見せ、リーグ終盤の戦いに弾みをつけることができた。そして、J2残留を果たしたのだった。その経験から「天皇杯はチームに勢いをもたらすための大事な大会」(田向泰輝)という意気込みで試合に挑む。

(残り 1125文字/全文: 1433文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック