【サッカー人気3位】伊藤涼太郎が大槻監督に直訴していたこと…

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第35節コンサドーレ札幌戦 「足りなかった“ギラギラ感”。首位札幌に返り討ちに遭う」(2016/10/9)

【写真 水戸ホーリーホック】

【写真 水戸ホーリーホック】

「首位を倒してやろう」という気持ちは伝わってこず

試合終了の瞬間、選手たちはその場に立っているエネルギーすら残っておらず、その場に倒れ込んだ。勝てなかった。それでも、自分たちの力をすべて出し尽くして手にした勝ち点1には大きな価値と可能性が込められていた。

この試合の話ではない。2か月前に行われた第27節松本戦の話である。2位の松本相手に水戸は死力を尽くし、敵地で勝ち点1を手にすることができた。上位チームからアウェイで勝ち点を奪うことがどれだけ大変なことかをあらためて痛感させられた一戦であった。

(残り 1617文字/全文: 1947文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック