『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

デイリーホーリーホック

【HHレポート】「応援ソングを歌う磯山純さんに聞く、今季のホーリーホック」(2016/11/22) ※無料記事

【写真 米村優子】

【写真 米村優子】

地道な活動が実を結んで相乗効果を生む姿に刺激

応援ソング「Ole ホーリーホック〜葵の魂見せてやれ〜」でお馴染み、水戸市出身のシンガーソングライター・磯山純さんが11月20日のホーム最終戦に来場。
宇宙まおさんと共に水戸電力イベント広場ステージでミニライブを開き、「流れ星」「そして未来へ」などを熱唱して試合前のスタジアムを大いに沸かせました。

磯山さんは今年5月に自身が企画したイベント「Ibaraki.Sogobussan.Ongaku.Festival 2016」で2万人を動員。これまでの功績が認められ、6月に水戸観光協会から「観光事業功労者」として表彰されました。
そして、2019年に開催される「いきいき茨城ゆめ国体」のイメージソングを担当するなど、水戸市のみならず茨城を代表するアーティストとして精力的に活躍中です。
今年も水戸の街を盛り上げ、KSスタで多くのライブパフォーマンスを見せてくれた磯山さんに今季の水戸ホーリーホックについて語っていただきました。

「球際や最後まで諦めないという姿勢が強くなったシーズンだったのではないでしょうか。印象に残った選手はロメロ・フランク選手。フィジカルが強く、一人で突破できる力があって見応えがありました」と今季を振り返った磯山さん。
そして、ベトナムサッカー界のスターであるグエン・コンフォン選手の影響力にも驚かされたと話します。
「コンフォン選手が来たことによって、ベトナム航空がスポンサーとなり、茨城空港にもチャーター便が来ましたよね。東南アジアのサッカー熱も要因としてあるのでしょうけれども、一サッカー選手によって国が動いた。改めてサッカーの力はすごいと実感しました。来年も是非チームに残って欲しいですね」。

甘く、包み込むような歌声をラテン調の軽快なリズムに乗せて、スタジアムを熱気に包み込む「Ole ホーリーホック〜葵の魂見せてやれ〜」。
この応援ソングの発表から約2年が経ち、双方のファンを中心に広がりを見せていると磯山さんは言います。
「水戸サポーターの方には街中やイベントの最中に声をかけていただいたり、5月のフェスにも来ていただきました。逆に僕のファンがホーリーホックのサポーターにもなって年間パスを購入したということも、ちらほら出てきました。有り難いですね」。

音楽とサッカー。ジャンルは違えど、人々を魅了する表現者という共通点があります。同じく水戸を拠点に活動する水戸ホーリーホックから刺激を受けている部分もあるのでは?
「それはありますね。集客力が昨年よりも10%伸びたと伺っていますし、昨年は最終戦で10万人突破できるかどうかだったのに、今季は11万人を超える過去最高の来場者数を記録。本当に素晴らしいことです。水戸駅前で選手がチラシを配ったり、地域のお祭りやサッカー教室など、スタジアム以外で年間800回以上の活動を地道に続けた結果ですよね。積み重ねた活動がゆくゆく実を結び、選手の強化費も増えて、相乗効果になっていく。僕もお客さんが増えることでやれることは増えてくるので、すごく勉強になります。改めてまた自分も頑張らなければならないと思いました」。
現在も路上ライブや地域のイベントでのライブやプロデュース活動を続けている磯山さん。年々成長を遂げるホーリーホックにインスパイアされているようです。

ホーリーホックは来年1月半ばまでシーズンオフ期間となりますが、磯山さんは現在、全国ツアー「磯山純 CONCERT TOUR 2016-2017 Love yourself 〜花々しく〜」の真っ最中。
来年1月7日には茨城県民文化センター・大ホールで1500人規模のワンマンライブも予定されています。
KSスタではアコースティックギター1本で魅了する磯山さんですが、この日は9人の超豪華編成でお届けするスペシャルなライブです。
「一流アーティストと共演しているバックバンドの方々も来てくださるので、またスタジアムライブとは違った楽しみ方を感じていただけると思います。是非水戸サポーターの方々も遊びに来て下さい」と磯山さん。
KSスタのような熱気を県民文化センターに届けましょう!

●磯山純フルバンドワンマンライブ Love yourself 〜花々しく〜 at 県民文化センター大ホール

場所:茨城県民文化センター大ホール(茨城県水戸市千波町東久保697)
時間:開場15時30分、開演16時30分
料金:一般 4000円 高校生以下2500円
チケット取扱店:京成百貨店4階プレイガイド、県民文化センター、カフェアルコイリス、e+(イープラス) http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206206P0030001
その他、県内外でのライブやイベント出演も多数予定されています。
詳しくは磯山純公式HP(http://isojun.info/)、Twitter(@isoyama_jun)、Facebook(https://www.facebook.com/jun.isoyama/)をチェック!

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック