【サッカー人気1位】酷い風雨の中、1年前とは違うと感じたも…

デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第17節大分トリニータ戦「攻撃の我慢比べを制して今季初の連勝。感じさせた『夏』への手ごたえ」(2017/6/4)

【写真 水戸ホーリーホック】

パス数4位の大分を上回るボール保持率

「攻撃の我慢比べ」
西ヶ谷隆之監督は試合をそう評した。
パス数リーグ4位という数字が示すようにボールを保持しながら攻撃的なサッカーを繰り広げてきた大分だったが、今節においては「(前田)大然を意識してすぐに下がって、そこからプレスをかけてくる」(内田航平)戦い方をしてきた。ボール保持率は54%対46%で水戸が上回った。大分が「もう少し(プレスをかけて)来るんじゃないかという予想をしていた」(西ヶ谷隆之監督)だけに水戸にとって多少意外な展開となりながらも、慌てることなく試合を進めた判断力にチームの成熟を感じさせた。

(残り 1296文字/全文: 1653文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ