【サッカーパック人気2位】 あらためて考える「ブルーノ・メンデス」チャント事件 若者を萎縮させるゴ…

デイリーホーリーホック

【プレビュー】第24節大分トリニータ戦「試練を乗り越えるために、求められる1人1人のより強い責任感」(2017/7/21)

【写真 水戸ホーリーホック】

夏場は個のミスをカバーしきれない場面が増える

「もうひと踏ん張り、ふた踏ん張りが足りなかった」。
前節町田戦を振り返り、西ヶ谷隆之監督は悔し気な表情を見せた。決して内容は悪くなかった。前半から的確な判断でボールを動かし、町田陣内に押し込む展開を作った。後半に入って、相手がパワーを出してきた時間帯にシステムを変更して再びペースを握り返した。しかし、そこで不用意なファウルでPKを献上して先制点を許すと、終盤に前がかりになったスペースを突かれて追加点を奪われて敗れてしまった。

(残り 1053文字/全文: 1371文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック