【サッカー人気2位】山中亮輔の左足が勝利を呼び込む 今季に…

デイリーホーリーホック

【コメント】笠原昂史選手「ホーム最終戦は今季の集大成を披露する場。コーチングでチームを牽引していきたい」(2017/11/9)※無料記事

【写真 米村優子】

Q.長崎戦を振り返って下さい。
「我慢強く戦えていたと思いますが、自分達の形をほぼ出せなかった試合でした。取られた時間帯が全てだったと思います」

Q.どういう所に原因があるのでしょうか?
「相手がスペースを消してきて、押し込んでゲームを進めるって状況があまり作れなかったからではないかと思います。特に前半は」

Q.前からアグレッシブな守備が出来ませんでした。
「それが全てかなと思います。前から行けるのがうちの良さ。相手は早い段階から前に入れてきた。それでなかなか難しくなってしまった。タイミングを見計らって、自分達から迫力を出して、守備のスイッチを入れられたらと思いました」

Q.今週はそういった部分を重点的に取り組んでいるのでしょうか?
「相手も違いますし、また相手の狙いも違うので、同じようにとはいかない。けれども、もう一度、自分達の良さというのを出していきたい。もうシーズン終盤ですが、どうやって自分達のストロングポイントをもう一回出していくか大事。紅白戦もやりながら、そういった部分を見直したいと思います」

Q.山形の印象は?
「前線に特徴のある選手もいますし、その中でも中盤の佐藤優平選手がポイントとなってくると思います。またファンマ選手のような強さはないと思いますが、阪野豊史選手の所とかで起点を作られてはいけない。いい形で相手にボールを入れさせないように、コースを限定するだとか、プレッシャーにいけばいいゲームになると思います」

Q.昨年は有終の美を飾れなかったホーム最終戦でした。今年こそはという想いも強いのでは?
「クラブとして、平均5000人の集客を目標にしていると言っていましたし、やはり多くの人に観に来てもらいたいですし。今季の集大成になってくると思う。ここまで来たら技術が格段に伸びることはないので、どれだけ勝ちに対して気持ちを入れられるかだと思う。トレーニングからもっと要求して、チームを引っ張っていけるようなコーチングができればと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック