【サッカー人気4位】ハーフタイムで劇的に改善された試合、前…

デイリーホーリーホック

【コラム】2017シーズン振り返り① 「前田大然はスピードを重視するチームの象徴的存在となった」(2017/11/24)

【写真 水戸ホーリーホック】

前田の獲得は偶然であり、必然でもあった

今シーズンの水戸を振り返るにあたって、前田大然について触れないわけにはいかない。第6節山口戦で先発デビューを飾ると、いきなり爆発的なスピードで相手DFを抜き去り、ゴールを突き刺し、存在を猛烈にアピールした。その後、レギュラーに定着し、シーズン通して13ものゴールを決めてみせた。また、前線で見せる前田のスピードが水戸の武器であるハイプレスを機能させ、チーム戦術は威力を発揮することとなった。第5節まで2勝3敗と波に乗り切れていなかったが、前田が先発で起用されるようになると、第21節まで16試合で7勝7分2敗という結果を残した。まさに「前田大然効果」でチームは飛躍を遂げることとなった。

(残り 1373文字/全文: 1768文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ