【サッカー人気2位】解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこ…

デイリーホーリーホック

J2第23節京都サンガF.C.戦「暑さに負けず、ピッチコンディションにも負けず、伊藤涼太郎の一撃で我慢比べを制して今季2度目の連勝を達成」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

隙を作らなかったことに成長の跡

試合中、「ドローも頭をよぎった」と細川淳矢は素直に振り返る。35度を超す気温の中、両チームの選手の体は重く、なかなか決定打を出すことができない。さらに、ピッチコンディションが悪く、思うようにボールをコントロールできないというストレスとも戦わなければならなかった。両チームとも動きに精彩を欠いた我慢比べの展開が続いた。

(残り 1582文字/全文: 1838文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック