【サッカーパック人気2位】 「勝つことと、面白いサッカーをやるということ。それを両立できる監督はJ…

デイリーホーリーホック

J2第34節アルビレックス新潟戦「試合を支配しながらも、新潟の“抵抗”で勢い削がれる。正攻法だけでは勝てないサッカーの難しさを痛感させられた敗戦」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

試合展開はほぼ完ぺきだった

決めるところを決めないと、試合に勝つことはできない。ただ、そんな一言では片づけられない、不思議な、そして、サッカーの奥深さを感じさせられたゲームであった。

下位に低迷している新潟だが、監督交代が功を奏し、2連勝と調子を上げて水戸に乗り込んできた。好調の要因となっているのが「球際の強さ」(長谷部茂利監督)。攻守の切り替え時に激しくプレスをかけ、高い位置でボールを奪って、ショートカウンターを仕掛ける。その徹底が新潟の強みとなっていた。とはいえ、監督交代してから期間は短いため、成熟度は低いと言わざるを得なかった。切り替え時のプレッシング、それをかわされた時の撤退守備以外はほとんどチームとしての約束事は明確なものを見せることはなかった。それでも新潟は「今できること」に対して、徹底的にこだわる姿勢を持って水戸に向かってきた。

(残り 2238文字/全文: 2695文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック