【サッカーパック人気5位】 多くのメディアの「松尾一主審が自分では決められない。 運営が決めると言…

デイリーホーリーホック

J2第35節大分トリニータ戦「喜びと責任を胸に、未知なる世界へ突入する一戦」【プレビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

忘れられない6年前の「最悪の一日」

今でもあの日のことは強く記憶に残っている。2012年、はじめてJリーグクラブライセンスが導入された年、元日本代表FW鈴木隆行、DF市川大祐、FW吉原宏太をはじめ、後に日本代表に選出されることとなるDF塩谷司、MF橋本晃司、DF輪湖直樹といった実力者を揃えたチームは序盤から上位に食い込み、J1プレーオフ圏内の6位と一桁の勝ち点差でライセンス交付日を迎えた。ここからラストスパートをかけようと士気が高まっていた中、水戸に与えられたのはJ2クラブライセンス。J1昇格の権利を得ることができず、たとえ6位以内に入ったとしてもJ1昇格プレーオフには進出できないという非情な通達がされたのであった。

(残り 1569文字/全文: 1963文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック