今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

デイリーホーリーホック

「昨季とは異なる惜敗。手ごたえを感じさせたものの、『6位以内』を本気で目指すならば、より強い危機感を持つべき」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

細川不在でも守備は安定

昨年とはまた異なった“惜敗”であった。1年前の対戦では、水戸はアグレッシブなサッカーで再三鹿島ゴールを襲い、3得点を奪ってみせた。一方、守備に関しては、天候の問題もあって手つかず状態だったこともあったが、鹿島の厚みのある攻撃を跳ね返せずに4失点を喫した。勢いもあるが、脆さもある。それが1年前の水戸の姿であった。

(残り 1910文字/全文: 2160文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック