【サッカーパック人気1位】 タイリーグがAFCクラブランキングでオーストラリアAリーグを逆転。20…

デイリーホーリーホック

「ホーム初戦は栃木SCとの北関東ダービーで幕開け!8連覇への意気込みを長谷部監督、細川キャプテンが語る!」【ニュース】※無料記事

【写真 米村優子】

2月28日、水戸駅ビル・エクセル6階エクセルホールにて、「2019明治安田生命J2リーグ ホーム開幕戦(vs栃木SC)に向けての記者会見」が開催。駆けつけた水戸サポーターに見守られる中、長谷部茂利監督と細川淳矢キャプテンが登壇し、北関東ダービーとなるホーム初戦の意気込みや試合の見所などを語りました。

【写真 米村優子】

ファジアーノ岡山との今季初戦を完封勝利で飾った長谷部監督は、「先週は辛勝でしたが、勝ち点3を取ることができました」と語ると、会場からは拍手が。
「ホーム開幕戦はいよいよだなという気持ち。1万人のファン・サポーターのお客さまの前でプレーをする準備をしています。常々、選手や私自身に言い続けているのですが、大事な42試合の内の1試合に変わりはない。しかし、その中でも開幕戦は非常に大事。皆さんの脳裏にどのように我々のクラブやプレーが残るか大事にしています。攻撃的でアグレッシブに印象に残るようなプレーを選手に要求しています。期待してもらって良いと思います。是非、スタジアムに足を運んで、我々の後押しをして下さい」と呼び掛けました。
そして細川キャプテンは、「今シーズン、このチームで戦っていくことに期待を持ってもらえるようにお披露目する機会。普段、見に来ていない人も来てくれると思うので、その人達の心を掴みたい。アグレッシブなサッカーをして、今シーズンをずっと応援してもらえるように絶対勝って、皆さんの気持ちを盛り上げていきたいです」と語りました。

【写真 米村優子】

群馬、栃木、水戸の3チームによって、2009年から10シーズンにわたり開催されてきた北関東ダービー。水戸は優勝9回、現在は7連覇中と断トツでトップの座をキープしています。
今年は栃木SCがJ2に復帰し、2チームでのダービー戦。水戸は北関東の雄としてのプライドを賭けて、ホーム開幕戦へと挑みます。
会見途中、打倒水戸を掲げる栃木SCのマスコットキャラクター・トッキーが突然登場。そして田坂和昭監督と藤原広太朗キャプテンのメッセージムービーが公開されました。
実は田坂監督と長谷部監督は同い年で、現役時代からの旧知の仲。監督同士での対戦は今回が初となり、「J2復帰後初の勝ち点3を取りたいですし、彼(長谷部監督)には負けたくない。そしてお互い良い試合をしたいです」とのメッセージが流れると、長谷部監督は引き締まった表情に。
また、藤原広太朗キャプテンは「開幕戦は勝利できませんでしたが、水戸戦は自分たちの力を最大限に発揮して勝利できるように頑張ります。特に木村祐志選手には負けたくない。失点ゼロで終われるように防ぎたいです」と完封勝利を宣言。

【写真 米村優子】

それらのメッセージを受け、長谷部監督は「昨年、一勝一敗で北関東ダービーを獲ることができました。今年の栃木SCは監督も選手も大幅に変えて、DFラインの所は新加入の選手で、元々やっていたポジションの人がいない印象。ボールをつなぐサッカーをしたいようですが、第一節に限っては、しっかり守って勝ち点1を取っていた。栃木さんはアウェイ戦となりますが、前節から修正して、我々に対して果敢に挑んで攻撃を仕掛けてくるはず。私たちは強固になった5人の守備を突破して、枠内に入れて得点を奪う。複数得点を狙っています。我々は第一節で守備、栃木さんは攻撃に課題が出た。守る時間をなるべく短くして、シュートを簡単に打たせないようにしたい。攻守にわたって、栃木さんに対していいものを見せられると思う。北関東ダービーは選手、スタッフ、会社全員での戦い。モチベーションも高いですし、彼らにも負けない。サポーターの数も負けないと思っています」と返し、細川キャプテンは「ダービーってことなので、少しでも皆さんが盛り上がってくれれば、選手、クラブとして嬉しいことはない。皆さんが期待してくれて、勝って欲しいと思ってくれることが僕らの力になるのは間違いない。県を挙げた戦いなので、皆さんも一緒に戦って下さい。サポーターの数が勝敗を握るかもしれないので、3人ぐらい引き連れて来て下さい!栃木県に行ったときに、水戸サポーターの皆さんが少しでも肩で風を切って歩けるように戦っていきたいと思います」と堂々とコメント。
すでに火花を散らす両チーム。ホーム開幕戦は例年以上に熱い試合となりそうです。

ホーム開幕戦に発売される北関東ダービーグッズもお披露目
【写真 米村優子】

○質疑応答

Q.ホーム開幕戦は特にどういった部分を見て欲しいですか?
長谷部監督「選手を見てもらいたい。新加入の選手は皆さん、肉眼で見るのはおそらく初めてだと思います。どういうプレーヤーなのか、どういう所が長所なのか、魅力なのかを探しながら観戦して欲しいです。攻撃も守備もアグレッシブなのが水戸のチームとしての良いところ。そこを見せていきたいですね」
細川キャプテン「見ていて楽しい試合をしたいと、耳にタコが出来るぐらい監督が常々言っていますが、それを体現したい。アグレッシブで躍動感があって、攻守にわたって一体感があるサッカーを見せたいです。そして選手も見て欲しいのですが、うちにはカッコイイ監督がいるので、皆さんにはダンディーな姿を見てもらいたいです」

Q.今季のスローガンは「彩」。それに絡めたコメントをお願いします。
長谷部監督「選手に要求することが私の仕事でありますが、試合の中で水戸ホーリーホックとしての彩りを出して欲しい。つまり、長所という意味です。守備、声掛け、攻撃でボールを集めるのが上手な人が目立つと思いますが、それら長所を試合で見せるからこそ、皆さんの心に残り、生活に彩りを添えられると思っています」
細川キャプテン「サッカーって、ボールを持っている人だけじゃない。ボールを持っている人の周囲でどれだけ彩れるか。それはチーム力が必要。声を出したり、味方のスペースを空ける動きだったり、それらを徹底することでチーム力が上がっていく。見ている方も楽しめると思う。プレーとしてはそこが大事。そして水戸という街に対しての彩りは、水戸がホーリーホックというクラブ中心に回るぐらいの街になればいいなと思っている。そうなれるように皆さんの生活に寄り添える存在になりたいです」

Q.監督は2年目になりますが、昨年と異なる手応えについて教えて下さい。
長谷部監督「やりたいことは、さらなる一体感。もっとボールを持って、多彩な攻撃を仕掛ける。その2つです。前者に関しては、1月10日に始動して、いい状態になっています。後者はクラブを去ってしまった選手もいますが、入ってくれた選手、残ってくれた選手でボールを動かすのは、非常に高い連携が築けています。前節のゴールシーンを思い出して下さい。ワンタッチでパス、シュートを入れていく非常に高い技術です。ボールを止めて、やり直して、どうしようかなと考えてというサッカーではなく、ワンタッチでスピーディー。そこに走るスピードとボールのスピードが両方兼ねている。そういうサッカーは非常に難しいのです。わかりやすく言うと、川崎フロンターレのような攻撃。彼らは速さを活かすために、一回わざとボールを止めます。その後、速いパスを出します。それが上級編。今の水戸はその前の段階のサッカーができていて、手応えがもちろんありますし、ホーム開幕戦では複数得点を狙っています」

Q.キャプテン2年目の手応えは?
細川キャプテン「新加入の選手が多い分、コミュニケーションを積極的に取ろうとしている選手が多い。紅白戦の合間に『ここはこうして欲しい』など選手同士の話し合いがうるさいぐらいに聞こえてくる。それがずっと続いていて、意思疎通をしようという思いが昨年よりも強い。大崩しないチームと思えている。それを継続したいなと思います」

トロフィーを取り合うホーリーくんとトッキー。果たして栄冠はどちらのチームの手に!?
【写真 米村優子】

トッキーも水戸駅で試合告知のチラシ配りに挑戦!
【写真 米村優子】

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック