本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

デイリーホーリーホック

長谷部茂利監督「ここまでの戦いは想定の範囲内。別段うまくいっているというわけでもない。もう少し点を取れるようになると思う」【コメント】

【写真 水戸ホーリーホック】

Q.東京V戦を振り返ってください。
「決定的なチャンスという意味では“どフリー”でシュートを打つ場面はありませんでしたが、何回かはあったと思います。そういうところで点を取ることがああいう試合で勝ち点3を取るためには必要だなと思いました。J2は力が拮抗していて、どのチームも分析して、練習もしっかりして、チーム戦術や作戦などいろいろ用いて勝とうとする。そういうチームが多いと思います。そういう試合で勝つためにはせめぎあいの中で得点を取らないといけない。ゴールに近づいていたので残念ではありましたが、チームとして成長しているなという感じは受けています。守備に関して、危ない場面は多くありませんでした。ほとんどの試合で相手よりシュート本数、枠内シュートで上回ることができている。東京V戦は9本でしたが、それまでは大体10本以上打つことができています。攻撃もしっかりできている。継続していきたいと思います。GKに阻まれているところがあるので、GKに触られないところにシュートを打つということが大事になると思います。それは永遠の課題。中盤でボールを動かして前に運ぶことはできるので、あとはゴールの部分ですね。練習から改善していくしかないかなと思っています」

Q.東京V戦の記者会見で「パワープレーはしない」との趣旨の発言がありました。

(残り 1708文字/全文: 2351文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック