【サッカー人気3位】過去2年最も低調な内容

デイリーホーリーホック

岸田翔平選手「長いシーズンを通してみれば、試合終了間際の失点はいい経験。絶対無駄にせず、次に繋げる」【コメント】※無料記事

【写真 米村優子】

Q.前節は悔しい試合となりました。
「連戦の最後の試合となったせいか、全体通して体のコンディションもそうですし、ゲームの流れも重かったですね」

Q.岸田選手自身も体の重さを感じていましたか?
「自分自身はそんな思わなかったのですが、プレーを振り返ると、いつものフィーリングではなかったのかなと思います。でもその中で声を掛け合いながら守れていた部分もあった。最後の場面でしっかり守り切れれば良かったですが、長いシーズン通してみれば、ああいうのもいい経験となるのかなと思います。次に繋げるためにも絶対に無駄に出来ないなと思います」

Q.意思統一していたとしても、サッカーではあのような失点は起こり得るものです。
「相手ありきなので、どんな守り方でもミドルシュートだったり、一人の上手い選手によってやられてしまう場面はあります。その中でも次に繋げるために、全員で振り返って、次に活かせるようにできればいいかなと思います」

Q.5バックはいつ頃からチャレンジしていたのですか?
「この連戦の時に、少しだけ。練習というよりは、そういう場面があればやりたいから頭の片隅に置いていて、というぐらいの感じでした。だから監督としても本当はやりたくないのかなという気はしました。しかし連戦でしたし、相手の高さを考慮して5バックにして守りを固めた方がいいというのがシゲさんの頭の中にあったのかなと思います」

Q.鹿児島戦は4-1-4-1にしたり、オプションがある方がチームとして有利です。頭の片隅にあったから混乱せずに出来たのでは?
「色々なやり方を持っていた方がチームとして成熟度が上がりますし、相手がどんなフォーメーションで来ても、相手がやり方を変えてきた時でも、柔軟にできればいいのかなと思います」

Q.次に繋げるためのいい経験ですね。
「そうですね。5バックを実践的にやったのはあの時が初めて。シゲさんは自分のタイミングや時間の使い方があまり良くなかったと言っていましたが、試合前からこういう風にやる場面もあると提示していてくれていた。僕らが最後ゴールを割らせなければいいだけだったこと。ああいう風にクロスを上げられて、中で合わせられたのも自分たちのやり方が悪かったから。改善すべき点があります。いい経験で終わらせないよう、次に繋げるためにしっかり振り返りたいです」

Q.次は甲府ですが、未だに相手も無敗です。
「結構、強力な攻撃陣がいて、個の力もある。その中で上手くどういう守り方をすればいいのか。個で打開してきた時、個で守れればいいですが、チームでカバーし合えればいい。水戸は組織力が強み。全員で上手く守れればいいと思います」

Q.システムもギャップがあります。
「相手がどうやってやってくるかわからないですが、シゲさんがしっかり分析して提示してくれると思いますので全員で合わせていきたい。8戦終わって無敗なのもチーム全体でしっかりやってきた結果。連続ドローが続いていますので、次はしっかり勝っていければいいかなと思います」

Q. これまで開幕から8戦無敗の経験はありますか?
「ないですね。シーズンの途中に10何戦無敗とかはありましたが。最初からこれだけ無敗が続いているのも、前線から守備をしてくれているから。後ろは助かっていますし、そういう風に全員がチームのためにやっていることが結果に繋がっていると思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ