【サッカーパック人気2位】 “戦国”J2の怖さを体感。残留争いを戦う栃木のパワーを崩し切れず【栃木…

デイリーホーリーホック

J2第11節アルビレックス新潟戦「苦しい時間を耐え抜き執念でつかんだ勝ち点1。ぶれないメンタリティーは進化の証」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

ボランチの背後で起点作られる

「試合の方は0対0で、得点が入らないと面白くない・楽しくないというゲームではなく、ある意味どちらが勝っても、どちらが得点を取っても(おかしくない)というゲームでした」
監督会見の開口一番、長谷部茂利監督がこう口にしたように、両チームの勝利への執念がぶつかり合い、さらに随所に質の高さを見せたエキサイティングな攻防が繰り広げられた、“濃密な90分”であった。

(残り 2038文字/全文: 2312文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック