【サッカー人気4位】【嶋コラム】阿部要門の背中を押した山形…

デイリーホーリーホック

黒川淳史選手「どんな戦術だろうと、球際で負けていたら意味がない。そこは1人1人がこだわっていかないといけないところ」【コメント】

【写真 佐藤拓也】

Q.前節はセカンドボールを拾えない展開が続きました。
「前半途中からセカンドボールを相手に拾われ出して、押し込まれる状況が多くなりました。そうなると、相手のゴール前まで運ぶ回数が少なくなってしまう。後半はうまくバランスを取りながら、セカンドボールを拾えるようになったと思います。そこで拾えることによって、シュート数も増えるし、相手のラインを下げることができる。そうなった時に得点は生まれやすくなる。みんなも前半セカンドボールを拾われているなという話をハーフタイムに出来ていましたし、どうするかという確認もできた。そういうコミュニケーションがあったので、原因をみんなで整理できていた。そこはよかったと思います」

Q.次の町田戦も球際やセカンドボールが勝負を左右するポイントとなりそうです。

(残り 730文字/全文: 1149文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック