【サッカーパック人気1位】 J2残留条件と残り2試合の展望。【トピックス】(19.11.13)

デイリーホーリーホック

「アツマーレに練習見学がしやすくなる新看板が設置!ホーリーホック紹介コーナーも続々登場」【HHレポート】※無料記事

【写真 米村優子】

2018年2月から供用が開始された城里町小勝の七会町民センター「アツマーレ」。
県道112号線沿いにあるアツマーレ入口に、今年10月から「ホーリーホック練習中」や「グラウンド無料開放中」などの新看板が設置されました。
アツマーレは水戸ホーリーホックのクラブハウスだけでなく、城里町役場の支所機能、2面の天然芝グラウンド、トレーニングルームなども併設した複合施設。
看板には練習時間も記載され、各種手続き、運動など目的に訪れた町民、たまたま通りかかった人々が練習見学やアツマーレのグラウンドを気軽に楽しめる機会が増えそうです。

【写真 米村優子】

アツマーレでは今年から廊下の掲示板でホーリーホックに関する新聞記事やポスター、バーベキュー施設で選手やスタッフが楽しむ様子の写真なども紹介。
ガラスケースにはユニフォームやサインボールの他、ホーリーホックに寄せられた著名人からのサイン色紙も展示しています。

【写真 米村優子】

水戸ホーリーホックが城里町にやって来て1年と8ヶ月。町民の方々にも少しずつ存在が浸透し、応援ムードが高まりつつあります。
特に今年はJ1昇格争いを繰り広げ、クラブは「1万人でGO J1」を掲げ、一人でも多くの観客による後押しを求めているシーズン。
11月2日、上位対決となるモンテディオ山形戦は城里町の日。町民に在住か在学の方はメインサイド自由席に無料招待されます。
一人でも多くの町民の方々が来場して、チームを応援してくれることに期待したいですね!

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック