【サッカーパック人気2位】 「プロになりたい。マリノスに戻れたら一番うれしい」 マリノスユース出身…

デイリーホーリーホック

「選手らがJR水戸駅で台風19号被災地救援の『TEAM AS ONE募金』を実施」【ニュース】※無料記事

【写真 米村優子】

10月17日、水戸ホーリーホックの選手らがJR水戸駅の北口と南口で、台風19号被災地を救援するためJリーグの募金活動「TEAM AS ONE募金」を実施しました。

水戸ホーリーホック選手会の呼び掛けで急遽実施された募金活動には、選手やクラブスタッフらの有志が駆けつけ、「募金をよろしくお願い致します!」と帰宅ラッシュで賑わう水戸駅を行き交う人々に呼び掛けました。
水戸ホーリーホック選手会長の平野佑一選手は「ホーリーホックは地域密着のクラブ。自分たちの身近な場所が水害に遭い、決して他人事ではありません。少しでも地域を助けること、地域を発信することが僕らのミッション。個人としても城里町にある練習場へ向うための通り道、訪れたことのある店が冠水して、災害を目の当たりにしてショックを受けました。僕らが勝利して順位を上げれば、全国的に水戸、茨城がフォーカスされる。3.11のように茨城が忘れられた被災地とならないよう、少しでも被害について伝えたいです」と訴えていました。
集めた募金は、発生直後は生活者の方への支援を第一に、原則として公的な機関に義援金として寄付。一定の期間経過後はTEAM AS ONE基金に組み込んでJリーグ・Jクラブの行う復興支援活動の原資となります。

【写真 米村優子】

水戸ホーリーホックによる「TEAM AS ONE募金」は、10月20日のホーム町田戦でも選手、スタッフらが実施。
当日は選手らが台風19号の犠牲者を悼み喪章をつけ、試合に先立って黙祷を捧げる予定です。

【写真 米村優子】

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック